家電らくらくお手入れ情報サイト

>

暮らしで活躍している家電たちのお手入れ情報をご紹介

おいしいご飯は炊飯器から

日本人なら炊き立ての白米はそれだけでごちそうになります。
おいしいご飯を炊くためには炊飯器のお手入れが大事です。

お手入れする時は出来るだけ炊飯した後、まだ温かくて湿度があるうちに拭き取ると汚れが落ちやすいです。
また、温かいうちに拭き取ることが困難なら、外せる部品は出来る限り外した後、中性洗剤で洗っても綺麗になります。
その時には忘れずに内ふたも綺麗に洗って乾いた布巾で拭き取りましょう。
水分を残すと故障の原因になりかねません。

またニオイが気になるときはクエン酸や重曹を使ってみましょう。
水を1〜2合目まで入れ、クエン酸は20g、重曹は小さじ半分ほど入れます。
内釜を炊飯器にセットしたらお米は入れずに「早炊き」か「お手入れ」コースで炊いてみましょう。
これで水蒸気の力を使ってにおいを取ることができます。

電子レンジは温めるだけじゃないんです

電子レンジはとても便利な家電の一つです。
忙しい現代人にとってお世話になっていない人はいないでしょう。
そのぐらいレンジの出番は多いです。
ちょっとした汚れなら、汚れた直後に水拭きすれば簡単にきれいになります。
また、少しぐらいなら時間がたっても、熱と水蒸気で簡単に汚れを落とすことができます。

普段のお掃除では、重曹を使ったお掃除がおすすめです。また、重曹はニオイを吸い取る作用もあるので脱臭剤としても使えます。
その時にはターンテーブルも取り外して洗うようにしましょう。

電子レンジの汚れは、油(酸性)汚れとたんぱく質(アルカリ性)汚れの2種類です。
重曹は酸性なので、油汚れに効果的です。洗剤と違い、肌に触れても害がありません。

食品を入れる電子レンジは体に優しく綺麗にお手入れしましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる